ITの転職ならレバテックキャリア
2018年6月12日

レバテックキャリアによる手厚い支援

一昔前は労働者にとって厳し過ぎる環境でした。

日本経済そのものが冷え込んでおり、求人情報があるだけマシというシビアな時代がありました。優秀な成績を収めて一流大学を卒業したにも関わらず、全く希望した企業に就職出来なかった若者も珍しくはなかったです。景気が悪かったため、どの企業も人件費を抑制して乗り切っていたのが実情でした。その結果、若い世代の求人募集がとても少なくなっており、一昔前は思うように転職活動が出来ない事情がありましたが、巡り巡って今現在は真逆の雰囲気です。

むしろ労働者によって良い環境になって来ており、労働者が主体的に働く企業を選べる時代に戻って来ました。景気が悪い時期に転職するのは難しいです。ところが今現在のような環境であれば、無理して肌に合わないと思っているIT企業から、別の会社に転身した方がポジティブな結果が得られます。レバテックキャリアは転身を真剣に考える若手サラリーマンの味方です。

企業別対策という独自の支援プランが、レバテックキャリアには用意されています。例えば、企業に評価される職務履歴書の添削サポートがあります。転職をする上で、自分の歩んできたキャリアを相手方に正しく伝える事は極めて大切です。ただ初めて転職をする若者にとっては、それがなかなか難しいのが実態であり、レバテックキャリアのアドバイザーの力を借りる事で、より精度の高い書類が作成でき、内定率の向上に結び付きます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *