つまりトラブルが悪臭の原因

シンクやお風呂の排水溝はつまってくると、悪臭が昇ってきたり水はけが悪くなったり、酷い場合は流した水が逆流してくるなど様々なトラブルの原因となります。

排水溝から悪臭がするようになると、とても不快なものです。悪臭の原因は雑菌ですが、排水溝につまっている様々なものが、雑菌の温床の原因となってしまうのです。つまりの原因は、キッチンであれば食べ物や油などです。お風呂場であれば、髪の毛や石鹸カスなどが考えられます。どちらも雑菌が好むものであることがわかるでしょう。悪臭トラブルを解決するためには、これらのつまりの原因となっている食べ物や油、髪の毛などを綺麗に除去しなければなりません。

日ごろからこまめに掃除している方であれば良いのですが、ずっと排水溝の掃除をしたことがなかった場合は、パイプクリーナーを1度流したくらいでは、なかなか取れるものではありません。蓄積されたつまりを除去するためには、高圧洗浄機で押し流したり、ワイヤーブラシでこすり落としたりした上で、最後にパイプクリーナーで溶かすようにすると良いでしょう。

しかし、高圧洗浄機やワイヤーブラシでも届かないような場合は、専門の水道工事会社で修理を依頼するしかありません。様々な水道トラブルに対処してきた会社は、状況に合わせて最適な方法でつまりを除去することが可能です。特に排水溝や排水管の掃除を一度もしたことがないような場合は、すっきり綺麗にさせることができ気持ちの良いものです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *