見える位置にあるつまりのトラブルは自主修理可能です

水回りのトラブルは完璧に避けることは無理なので、トラブルが起きないように適切に利用する他、小まめなメンテナンスを行うと、少しは耐久性が上がります。

水漏れはゴムパッキンの老朽化で起きてしまう事例が圧倒的に多いので、普段の生活では改善策は殆どありません。つまりの問題は洗浄作業を行うなど、努力によりある程度は抑えることはできます。通常はこのような水回りのトラブルが起きれば、修理専門店に電話をすると直ぐに来てもらえるものですが、つまりの現象で見える位置に排水管が設置されていれば、焦らずに自主的に修理をする方法はあります。この範囲で対象となる水回りは洗面台とキッチンです。

この2つの機材は洗面ボールやシンク台の下側収納部を見ると垂直に設置されているものなので、付け根部分を反時計回りに回せば簡単に取り外しできるタイプがあります。取り外しを行った後は、つまりの原因を取り除く作業が必要とされるので、浴室のスペースを利用したり、戸建て住宅にお住いの方は屋外の水栓柱を利用して洗浄する作業で大体は直せます。洗面台でもキッチンでも中間部分には湾曲したトラップが付けられていることも一般的です。

洗浄作業をするには湾曲部までブラシを届かせることが必要になるので、フレキシブルなワイヤーブラシを購入すると作業効率をアップさせられます。自主作業でもこの範囲では問題なく対応できますが、もしも、排水管の取り外し作業が難しいと感じた時、外すにはかなりの力を必要とする場合は、破損させる恐れがあるので修理専門店に任せることで安心できます。専門店に依頼をすると外さずに修理可能な道具を活用することがあるので、急ぎで直したい時にも役立ちます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *